765円 チュチュベビー / チュチュベビー ミルクパッド エアリー チュチュベビー ミルクパッド エアリー(130+20枚入)【KENPO_12】【チュチュベビー】 キッズ・ベビー・マタニティ 授乳用品・ベビー用食事用品 哺乳びん・授乳用品 母乳パッド チュチュベビー ミルクパッド エアリー KENPO_12 130+20枚入 開店祝い チュチュベビー,ミルクパッド,チュチュベビー,ミルクパッド,キッズ・ベビー・マタニティ , 授乳用品・ベビー用食事用品 , 哺乳びん・授乳用品 , 母乳パッド,エアリー,takuyaosumi.com,/,エアリー(130+20枚入)【KENPO_12】【チュチュベビー】,チュチュベビー,/micranatomy1456110.html,765円 チュチュベビー,ミルクパッド,チュチュベビー,ミルクパッド,キッズ・ベビー・マタニティ , 授乳用品・ベビー用食事用品 , 哺乳びん・授乳用品 , 母乳パッド,エアリー,takuyaosumi.com,/,エアリー(130+20枚入)【KENPO_12】【チュチュベビー】,チュチュベビー,/micranatomy1456110.html,765円 765円 チュチュベビー / チュチュベビー ミルクパッド エアリー チュチュベビー ミルクパッド エアリー(130+20枚入)【KENPO_12】【チュチュベビー】 キッズ・ベビー・マタニティ 授乳用品・ベビー用食事用品 哺乳びん・授乳用品 母乳パッド チュチュベビー ミルクパッド エアリー KENPO_12 130+20枚入 開店祝い

チュチュベビー ミルクパッド エアリー KENPO_12 130+20枚入 豊富な品 開店祝い

チュチュベビー / チュチュベビー ミルクパッド エアリー チュチュベビー ミルクパッド エアリー(130+20枚入)【KENPO_12】【チュチュベビー】

765円

チュチュベビー / チュチュベビー ミルクパッド エアリー チュチュベビー ミルクパッド エアリー(130+20枚入)【KENPO_12】【チュチュベビー】



お店TOP>ベビー&キッズ>授乳・産後用品>産後ケア用品>母乳パッド全部>チュチュベビー ミルクパッド エアリー (130+20枚入)

【チュチュベビー ミルクパッド エアリーの商品詳細】
●左右のダブルプリーツだから素肌感覚のつけごこち。
●ふんわり包み込む新立体構造
●ズレにくい幅細ロングテープ5本仕様。
●母乳をすばやく吸収して逃さない。
●超薄なのに母乳をたっぷり吸収。ずっと肌あたりもさらさらです。
●1枚ずつの個包装で、とても衛生的です。
●超コンパクトな個包装です。

【使用方法】
(1)開ける:個包装を開けて広げてください。
(2)はがす:ミルクパッドを外側の個包装からはがしてください。
(3)貼る:ブラジャー内側の適当な位置に貼ってください。

【チュチュベビー ミルクパッド エアリーの原材料】
吸収部分・・・高吸水性ポリマー、パルプ
表面(お肌に触れる部分)・・・複合不織布
【注意事項】
★使用上の注意
・用途意外にはご使用にならないでください。
・お肌に合わないときは使用を中止し、医師にご相談ください。
・授乳の都度お取替えください。また量の多い時も都度お取替えください。
・お子様の手の届かない所に保管してください。お子様の誤飲誤食にご注意ください。
・ご使用後はすぐに燃えるゴミとして各自治体の定める方法に従って処分してください。トイレには流さないでください。
・お洗濯の際は必ず外してください。
・水分やニオイを吸着する事があります。保管場所にご注意ください。
・長期の保管は、ビニール袋等に入れて、しっかり密封し保管してください。

【原産国】
日本

【ブランド】
チュチュベビー

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
ジェクス

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

(chuchu baby)

ジェクス
540-0012 大阪市中央区谷町2-3-12 マルイト谷町ビル11階
06-6942-4416

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5043

[哺乳びん/ブランド:チュチュベビー/]

チュチュベビー / チュチュベビー ミルクパッド エアリー チュチュベビー ミルクパッド エアリー(130+20枚入)【KENPO_12】【チュチュベビー】

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。